土地家屋調査士について

土地家屋調査士の業務は、建物の新築、増築、取り壊し、一部取壊し、また土地の合筆、分筆した際などに行う「表示に関する登記」の専門家です。
建物の規模や土地の用途、広さなど測量を伴うものを登記簿に反映させます。
建物の登記、土地の登記や土地境界確定測量業務は福山土地家屋調査士事務所にお任せください。

土地家屋調査士の業務

建物を新築したときにする登記です。

既に登記された建物の状態に変更があった時に申請する登記です。

誤って登記されていた建物を正しく訂正する登記です。

建物を解体したときにする登記です。

隣接土地所有者様との立会いを行い現地にて境界線を当事者同士確認します。

1つの土地を2つ以上に分割する登記です。

境界が確定した結果、実測面積が登記簿面積を基準として誤差の範囲を超えていた場合に登記簿面積を実測面積に更正する登記です。

2つ以上の土地を1つにまとめる登記です。

土地の用途に変更があった場合に、登記簿の地目を変更する登記です。

新たに土地が生じたときや、国有地、市有地の払い下げを受けた後等、表題登記がない土地を取得したときに初めて登記することです。

公図の誤りを訂正する申し出です。

 
PAGE TOP